海の旅☆水中写真旅日記 ボディボーダーズ ヘブン千葉Bodyborder's Heaven Chiba -NO.080405- yuki7.com
2008波乗り日記&番外編
大阪らしさを食べたい!ジャンジャン横町 串カツ
先日大阪に行く用事があったので「大阪らしい食事がしたい!」と関西人の同僚に相談したところ
じゃんじゃん横町で串カツを食べては?と提案されたので行ってまいりました。
関東から大阪までは新幹線に乗れば2時間30分ですが、出張等ならともかくなかなか
行く事はありませんよね。関東にはないようなレトロな感じでなかなか楽しい街でした。

新幹線で新大阪駅に着くと、「大阪はどっちだ?」と迷う私ですが、ジャン横までの同僚のアドバイス
「大阪駅から行くなら赤い地下鉄 御堂筋線に乗って動物園前で降りてフェスティバルゲートの横が
ジャンジャン横町で串カツ屋さんがたくさんあるよ」これだけですんなり行けました(笑)
大阪人の同僚から厳しく言われていた事
1.ソースの二度漬け厳禁!
 同僚曰く、関東ではお客が強いが、ジャン横では 客も店も同等の立場。
 従ってルールに反すると 「帰ってくれ!言われますよ」との事。
 
 なぜこのようなローカルルールがあるのかと言うと、食べ方にある。

 共用の大きな器に入ったウスターソースに漬けて食べるから。
 つまりソースを二度漬けると言う事は、一回口に入れた物を共用の
 ソースに漬ける事になるから衛生面でも問題がある。と言う事だろう。 
 ちなみに関東ではカツはドロっとした、トンカツソースか中濃ソースで食し
 キャベツはみじん切りですが、大阪ではウスターソースに漬けキャベツは
 そのまんま(笑)ソースが足りなかったらキャベツですくえばokです!
2.ローカルにたくさん喋りかけられる
  まあこれは問題ないです(笑)というか週末だったため、メインのジャンジャン町通りの串カツ屋さん
  はどこも行列でした。たぶん関西人の同僚が言ってた大阪のローカルが行く店は、ここらなんだろう。
御堂筋線の動物園前を降りてフェスティバルゲートを通り過ぎると「ジャンジャン横町」の入口があります。
結局、新世界公園本通商店街の通天閣が見える交差点まで来てしまいまして「日本一の串かつ」という
横綱さんに行きました。串カツの値段ですが、どのお店も100円前後のようですね。とても安いと思います。
名物串カツ(牛)、豚バラ串かつ、手羽先100円〜150円/本。れんこん、玉葱、しいたけ等は90円/本です。
からっと揚がっているので、胃にもたれるような事はないと思いますよ。若い人なら20本とか食べるそうです。
生ビールがんがん飲んで、値段を気にせずオーダーしても一人3,000円を超える事はないと思います。
串かつ「横綱」さんは4m級の大きい金色のピリケン像が目印で観光客にも入りやすいと思います。
新世界にあるお店は安くって、そば屋さんは「かけそば150円」とか(笑)おかずが100円とかの
定食屋さんもありましたよ。レトロ感たっぷりで将棋をしてるお店とか、なかなか魅力ある街でした。
また大阪に来たら訪れたい街「ジャンジャン横町」でした。
2008波乗り日記&番外編
Copyright(C)-yuki7.com-All rights reserved