海の旅☆ダイビング水中写真旅日記 イルカが住む秘境 御蔵島 ドルフィンスイム水中写真旅日記
イルカが住む 秘境 御蔵島と雄山大噴火復興後の三宅島 
海の旅 - 伊豆七島編 - 御蔵島ドルフィン スイム 水中写真旅日記- 御蔵島のイルカ 写真集 -
- 第1話:東京港の夜景を見ながら 東海汽船 かめりあ丸で御蔵島へ -
今年も行ってきました。イルカが住む御蔵島。
今回は帰りに、2000年の雄山大噴火後の復興した
三宅島にもお邪魔してくる予定です。

御蔵島は東海汽船の接岸が難しく欠航率が高いのは有名な話
殆ど「条件付出航」つまり御蔵島の桟橋に行ってみないと接岸
できるか出来ないか解らないというのが御蔵島の旅の特徴。

でも今日は「無条件出航」になってます。梅雨明けの7月末は
南風で、もっとも安定したシーズンですから。
御蔵島の桟橋は北西にありますから、西風が吹く冬は10日くらい
船が着かないことがあるそうです。
伊豆諸島へ向かう客船は、浜松町にある東京港 竹芝桟橋から出航します。ライトアップされた隅田川 勝鬨橋(かちどきばし)
東京タワーなど、船の上から見る都心の夜景がとてもきれいです。自分の席に荷物を置いたらAデッキ 甲板へ急ぎましょう。
レインボーブリッジをくぐり、お台場の夜景もきれいで見逃せません。羽田空港に離着陸する飛行機も見ることが出来ます。
一寝入りして朝の5時、三宅島 三池港に接岸です。三宅に来る観光客も増えてきたようですね。今朝は風がない為、雄山の噴煙も見ることが出来ました。
三宅島を出る頃、船は急遽「御蔵島は条件付き出航」になりました!急に風が吹いてきた為、御蔵の桟橋から指令が出たのでしょう。
下の写真をご覧の通り、丸い御蔵島から突き出た桟橋は風をかわすものが何もありません。大きい客船が接岸するのは難しいのだ。
御蔵島全景写真 御蔵島港写真
(御蔵島全景) (御蔵島桟橋)
今年も無事、かめりあ丸は御蔵島港に接岸出来ました。船はこのあと八丈島へ向けて出発します。
2008御蔵&三宅の旅 まえがき イルカが住む秘境 御蔵島ドルフィンスイム水中写真旅日記 第2話:イルカウォッチ1本目
食堂やまや青鯛 刺身定食
・近くて良い海☆八丈島 TOPページ(ダイビング&ボディボードサーフィン&温泉の旅)
Copyright(C)-yuki7.com-All rights reserved
海の旅☆ダイビング水中写真旅日記 Bodyborder's Heaven Chiba